前へ
次へ

葬式の形態が時代と共に変化しつつある

身内が亡くなったら葬式を挙げる必要がありますが、一昔前までは大勢の人を集めて大きな斎場で行われていた葬式の形態が徐々に変わりつつあります。
勿論今でも会社関係の人や近所の人、友人や知人等を集めて大きな斎場で葬式を行うことを希望する家族もいますが、以前ほど多くはなく最近では家族葬と言う形で葬式を行う家族が増えています。
大勢の人を集めて葬式を行うことは経済的な負担が大きいことに加えて精神的にかなりきつく、故人の遺族として参列してくれた人をもてなす必要があります。
ただ大切な人を失くした精神的なショックを考えるとなぜ辛いのにそこまでしなければならないのか疑問に思っている人も多く、それが家族葬を選ぶ家族が増えている要因になっています。
中には家族葬だけを扱っている葬儀会社もあるほどその数は増えていますが、ごく身近な人だけを集めて静かに故人を弔うことが出来るので大変人気があります。
そういったこともあり家族葬プランを用意している葬儀会社が沢山あるので、この形で葬式を行うことを希望している家族にとっては有難い限りです。

堺市立斎場・堺市での家族葬お手伝い実績多数

Page Top